My Photo
May 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

無料ブログはココログ

« ギリシャのサマー・フェスティバル 2015 | Main

May 21, 2015

ギリシャ語検定(Γ1) 2015年

5月20日(水)に、2015年度のギリシャ語能力検定(Γ1レベル)を受けてきました。3年ぶり。
問題の内容など、覚えているうちにメモしておきます。


【受験者情報】
ギリシャ語歴:
  朝日カルチャーセンターで27歳から。2014年春に、仕事が忙しくなってきたため教室へ通うのをやめ、自学だけに変更。

ギリシャ渡航歴:
  個人旅行のみ。2002年からは年2回、各一週間~10日程度。

語彙レベル:
  単語帳に入ってるのが16,000語くらい。今の自学は単語に偏ってます。


2012年に受けた時のメモがこちらにありますので、リンクしておきます。自分でも久しぶりに読みかえしました。

ギリシャ語検定(Γ1)、不合格でした!
 http://www.bouno.net/blog/2012/08/1-a304.html

Γ1レベルを受けたのは、今年も私一人でした。


【時間配分】
読解 13:35-14:30 (55)
文法 14:30-15:00 (30)
聴解 15:10-15:50 (40)
作文 16:00-17:40 (100)
口述 15分程度


【読解】

大問1:
ネット上での πληροφορύπανση (情報汚染)という新語についての解説記事。子供への悪影響と、それを回避するための具体例など。見慣れないこの言葉については、本文の中で説明がありました。出典はインターネットの記事と書かれていたので検索してみたところ、それらしきものが見つかりました。
試験問題がネットで見つかる時代。すごいなー。

Η πληροφορύπανση και η επίδρασή της στις παιδικές σκέψεις
 http://internet-safety.sch.gr/index.php/articles/teach/item/118-infollution

大問2:
ホテルを営む男が主人公の小説。各段落にタイトルを付ける。選択式。

大問3:
川の汚染と、水質改善について。長い。河川学者の話がいっぱい出てきました。本文に合う内容の文章を、選択肢から選ぶ方式。
また、最後のページにこの文章の要約があり、空欄に適した語を記入する問題もありました。

読解問題は、とにかく文章が長いです。一度で内容を理解できるくらいの処理速度が求められます。読み返していると、時間が足りなくなります。河川の話の最後に要約文があるのに気付いたのが、終了5分前。これにはやられました…。


【文法】

大問1:
文中から余分な単語を削る。
文法的におかしい箇所が無いかということに集中してたので、文章の内容は覚えていません…。

大問2:
芸術の歴史だったような。小問には辞書的な語義が書いてあり、その意味に合う単語を文中から見つけるというもの。
「名前を隠すこと」って意味の言葉で、「ペンネーム」と「匿名」があったんだけど、やっぱ「匿名」が正しいんだろうな。

大問3:
文中に空欄があり、候補の動詞があげられている。動詞を、正しい形に直して記入する。人称違いだけでなく、名詞や分詞の可能性もある。
これも、同志の変化形に集中してたので文章の内容は覚えていません。

読解の続きのような問題ですが、文法に集中していると文章の内容って頭に入らないものですね。読解と文法の問題が分かれているのって、理にかなっているのかも知れません。
大問3題なので、時間配分は各10分。試験時間が短いわりに読む分量はそれなりにあるので、得意な問題からやるのがいいかも知れません。私は希希辞書に慣れていたので、大問2の単語探しは比較的解きやすかったです。


【聴解】

大問1:
テレビ局のディレクターの話。テレビ番組の質が落ちているのは何故か、良い番組を作るために何をするかという話。記述式。

大問2:
アテネの天文台の責任者、プラネタリウムの責任者に、インタビュアーを交えた3人の会話。それぞれの機関の特長と、研究や活動の内容について。選択式。

本文が長いです。全体で40分なので、本文7~8分、解答時間2分を2回ずつ、2問というところでしょうか(小問各10)。7~8分の会話って、かなり長いですよね。例えば、ニュース番組でも5分あれば一つのコーナーになるのではないでしょうか。
内容をメモするタイプの問題が苦手です。設問を読まないと内容が聞き取れないのに、聞き取りに集中してると設問を読む暇がないんですよね。しかも解答時間2分とか短かすぎです! 読解と同じで、大量の情報を処理する力が必要です。
今回は、大問1にほとんど回答できなかったのでここでアウトになると思います。


【作文】

問1:
友達が、長らく仕事に就けず落ち込んでいる。励ますために、スキルを上げる方法、面接で印象を良くする方法をアドバイスする。(250-300語)

問2:
若者がネットゲームから受けるネガティブな影響をあげて、他の楽しみ方を提案する記事を書く。(300語)

ややこしいテーマではなかったので、しばらく作文はやっていなかったわりに、量は書けた…ような気がします。内容はともかく。


【会話】

前半は、試験官からのいくつかの質問に答えるもの。

・出身はどこですか。
・それはどこにありますか。
・家族は何人?
・家族について説明してください。
・インターネットでフェイスブックなどを使っていますか? 何のために?
・外国語を学ぶことは好きですか。何を? なぜ?
・ストレスを和らげるために何をしますか。

「運を良くするために、何をしますか?」って質問が、理解できずに答えられませんでした。「すいません分かりません」で、スルーしていただきました。単語が妙に短いと聞き取れないのよ…。^^;

次に、写真を見て写っているものを描写するという問題。
都会のビルの上に、植木鉢に植わった緑が置かれ、椅子やパーゴラがしつらえられている写真。これをもとにいくつかの質問もありました。

・家で植物を育てていますか?
・都市での生活の質を良くするために、何をすべきだと思いますか?

たぶん、屋上緑化とか壁面緑化とかの意見が言えればよかったかも知れませんが、そこは突っ込まれると語彙が足りないんですよ~。
「えーと、もっと屋外で過ごした方がいいと思います!」
とかなんとか言ってきました。それって意見なんすかね…。

最後にロールプレイ。
選挙活動で、ポスター肯定派とネット活用肯定派とで議論をするというお題。私がネット肯定派です。
最初は弁の立つ相手の方に押されていたのですが、
「お年寄りはコンピュータが使えない」
→「いやスマートフォンでも情報は取れる、私の親でも使える」
→「お金がかかるでしょ」
→「そんなに高くないよ」
→「若者はお金払えないと思う」
→「若者こそ、お金を使わずにネット利用する方法を知ってる、例えばWi-Fiとか」
って話の流れになり、けっこう話せました。


【まとめと感想】
2012年の記事を読んだら、今回「感想」として書こうと思っていたのと同じことがすでに書かれていて、驚愕しました。もしかして進歩してない…?
しかし、前回の結果では口述だけ合格だったとあります。前回合格だったなら、今回も口述だけは合格に違いないよ! だって、前回って「パイレーツ・オブ・カリビアン」について答えた時だよ!(汗)
なので、「今後の方針」も前回と同じにしようと思います。

・数百語ていどの文章を数多く読む。使われている表現、単語を記録して覚える。
・新聞記事(事実、報道)、雑誌やブログの記事を読む。(意見や主張のあるもの)
・読んだら、要約+自分の意見を記述する。(作文練習)
・単独の単語登録は少し手を緩めてもいいかも。文章の中で覚える割合を増やす。

以上です。

« ギリシャのサマー・フェスティバル 2015 | Main

現代ギリシャ語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42394/61625273

Listed below are links to weblogs that reference ギリシャ語検定(Γ1) 2015年:

« ギリシャのサマー・フェスティバル 2015 | Main