My Photo
May 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

無料ブログはココログ

2008 Summer

August 16, 2008

アンフィ・シアター 『フェニキアの女たち』

日時:2008年07月25日(金)
場所:エピダウロス劇場
原作:エウリピデス
演出:スピロス・エヴァンゲラトス
出演:アンフィ・シアター

Αμφι-Θέατρο Σπύρου A. Ευαγγελάτου
Ευριπίδη, Φοίνισσες
 http://www.greekfestival.gr/show_event?id=164&lang=gr

(mixi日記からの転記。加筆修正しています。)

あらすじは『テーバイ攻めの七将』(アイスキュロス作)とほぼ重なるもの。でも、使者の報告だけで話が進んでいく「七将」より、こちらのほうがだいぶドラマチック。『オイディプス王』『アンティゴネ』『コロノスのオイディプス』(ソフォクレス作)のエピソードも盛り込んで、エウリピデスが再構成したものです。
ソフォクレスの『オイディプス王』では、ことの真相を知ったイオカステ(オイディプスの母であり妻)は直ちに自殺してしまいます。オイディプスは子供らと引き離されて国外追放の身に。でも、この劇では子供たちが成人するまでイオカステは生きてます。オイディプスも追放されておらず、二人の息子に監禁されていることになっています。
劇の始まりは息子たちの王位争いから。テーバイの七つの門を攻めようとしているアルゴスの武将たちを、アンティゴネーが見に来ています。イオカステはエテオクレスとポリュネイケス兄弟を呼び出し、和解するよう説得しますが、交渉は決裂。クレオンの息子メノイケウスは、預言者テイレシアスから国を守るための犠牲となる運命を告げられ、自ら身を投げて死にます。エテオクレス、ポリュネイケス兄弟は相討ちで果て、イオカステは絶望のあまり後を追って自殺。二人の死を悼みつつ、クレオンはポリュネイケス埋葬禁止の触れを出しますが、反発したアンティゴネーは国を追われる父オイディプスと共にテーバイを去ります。

…と、あらすじを書いただけでも息切れしそうな、オイディプス伝説「全部入り」の劇。
タイトルの「フェニキアの女たち」は劇に登場するコロスのことで、テーバイを建国したカドモスがフェニキア出身ということで、その縁で登場しているそうです。

舞台装置は現代の戦場を思わせるもの。開始早々に銃声と爆撃音が流れたことからも明らかでした。台詞の中で、オイディプスとかフィボス(アポロン)とか言わなければ、現代ドラマを見ているようです。この上演のポスターやプログラムには古いモノクロ写真が使われていて、兵士に何かを訴える女性の姿が写っていました。時代が変わっても戦争に加わった息子たちを案じる母親を描こうとする、この上演の目指すところがよく分かりました。

感想はというと、やはり「盛り沢山」だなぁ、という印象。イオカステの仲裁場面だけでも十分見応えがありました。老いた母親の説得は、なるほど涙を誘います。
色んなエピソードが盛り込まれているので、見ている間は長く感じられて少々辛かったです。が、見所はたくさんあって、見終わってしばらくしてから、「いい芝居だったなぁ」としみじみ思い返すことの多い作品でした。登場人物が多いだけにそれぞれの出番が少なくなってしまうのですが、アンフィ・シアターの公演ではどのキャラクターもよく表現されていて、印象深いものでした。健気なクレオンの息子メノイケウスは可愛くて良かったし、好々爺風のテイレシアスも少ない出番ながら好演でした。コロスの歌とダンスも完成度が高かったです。

『フェニキアの女たち』という作品自体も、悪意を持った登場人物が少なくて優しさにあふれた劇に感じました。共感しにくい主張をしているのは現王のエテオクレスだけで、他の登場人物は身内を思いやり、なんとか最悪の結果を避けようとしているように思えました。あ、でも確かオイディプスが息子たちを呪って、刺し違えることを望んだ張本人だった。(笑)

客入りは6割ていどと少なめでしたが、良い舞台でした。土曜日の方が人出はあるのかな。

[参考文献]
 『ギリシア悲劇IV エウリピデス(下)』 ちくま文庫 1996年 第三刷

Continue reading "アンフィ・シアター 『フェニキアの女たち』" »

August 11, 2008

北ギリシャ国立劇場 『バッコスの信女』

セアトロ・ヴラホン(アテネ)

日時:2008年07月23日(水)
場所:セアトロ・ヴラホン(アテネ)
原作:エウリピデス
演出:タソス・ラゾス
出演:北ギリシャ国立劇場

από τις "Βακχές"
 http://www.ntng.gr/default.asp?siteID=1&pageid=21&tablepageid=15&langid=1&entryid=350

(mixi日記からの転記。加筆修正しています。)

アテネのヴィロナスという場所にある、セアトロ・ヴラホン(岩の劇場)での観劇です。
北ギリシャ国立劇場の、2つある夏ツアーのうちのひとつ。もうひとつの出し物『オレステス』のほうが、セットも派手だしエピダウロスにも出場しているので、『バッコス…』はどちらかというと二番手かな。巡回している劇場も、小さめのところが多いようです。わが家では勝手に「二軍」と呼んでました。
旅行日程の中でちょうどこのセアトロ・ヴラホンで上演される古代劇だったので、劇場見学も兼ねて行ってきました。


大きな地図で見る

セアトロ・ヴラホン(アテネ)

タクシーで連れて行ってもらい、劇場近くで降ろしてもらいました。中に入ってみると、円形劇場が二つあるんだってことが分かりました。

こちらは小さい方の劇場。

小さい方の劇場

『バッコス…』は、大きい方の劇場での上演でした。
どちらも古代遺跡ではなくて人工の円形舞台ですが、背景にそびえる崖がとてもユニークな劇場です。

ヴィロナス/岩の劇場 ヴィロナス/岩の劇場

芝居の方ですが、本火を使ったり、岩壁に影を当てたりしてこの劇場を効果的に使っていました。ただ、仕込みに時間がかかっていて、ディオニュソス登場のシーンなど、準備中に手の内を見せてしまってたのが良かったのか悪かったのか…。(^-^;)

予定より40分遅れで開演。

音楽はギリシャの伝統的な編成(クラリネット、アコーディオン、太鼓大小)。コロスの衣装が現代のごく普通の男女で、民族音楽と民族舞踊(フォークダンス)調で踊るので、なんだか皆でピクニックに来てるみたい。
ディオニュソスも交じって踊っているのですが、はじめは神話的な雰囲気がまったく感じられませんでした。なんていうんでしょう、これ。日常の中にひそむ悲劇? ひらたく言ってしまうと、全体に演出が地味です。

が、ディオニュソスとペンテウスの対話の場面から面白みが増してきます。俳優に力があるので、シンプルな演出がカバーされているようにも思えました。
飄々と詰問をかわすディオニュソスと、激情型のペンテウスの対比が面白かったです。白い衣装のディオニュソスと黒服のペンテウスが対になる動きをする場面や、杖の取り合い、
「今でも神はすぐそばにおられて、私がどんな目にあっているか眺めておられますぞ。」
「どこにいるというのだ。おれの目にはいっこうにうつらぬが。」
あたりでは、取っ組み合いまで始めるいきおい。
従兄弟同士の対決なんだな、ということが思い起こされます。この二人、もともと母親が姉妹で、片や父エキオン、片や父ゼウスという立場なんですよね。

ディオニュソスがペンテウスを山に誘い出す場面も、それなりに緊迫感を持って感じられました。
注目だったのがペンテウスの女の服で、なんと花嫁の扮装です。ディオニュソスも花婿の衣装に着替え、狂った花嫁を相手に
「お髪がはずれてきております」
「帯もゆるんでおりますし」
などとやるので、非常に倒錯的に感じられて良かったです。

ペンテウス殺害の報告の場面では、コロスのひとりがペンテウスに似せた案山子に火を付けて燃え上がらせ、肉片に見立てた赤い布を投げ合ってました(念がいっています)。
アガウエの演技も迫力があって良かったです。
俳優たちの演技はとても満足でした。後半に行くに従って、狂気が増して盛り上がっていったようです。

ただし、ディオニュソスの神の声は、マイクを通した方が良かったと思いました。崖ぎわまで行ってライトアップされた状態になるのですが、遠すぎてよく聞こえないんです。
地震の場面でも、コロスが舞台でわぁわぁ言ってるだけなのってちょっと…(迫力不足)。後で「怖かった? 大丈夫だよ」となだめて回るディオニュソスは良かったですが。

舞台が広いのに、ほとんど長テーブルだけという簡素な装置なのも、なんとなく締まらない原因だったかも知れません。長テーブルの使い方は、静岡で見たハナン・スニルの『アンティゴネ』とよく似ていたのが気になりました。

また、この日の上演は音響がいまいちでした。座席の中ほどで見ていたんですが、俳優の声が左右に抜けてしまって聞き取りにくくなっていました。出来るだけ前の席で見たほうがよさそうです。

[参考文献]
 『ギリシア悲劇IV エウリピデス(下)』 ちくま文庫 1996年 第三刷
 

August 09, 2008

『鳥』 おまけ

アリストファネス作『鳥』について、どうしてもこれも書いておきたいので、オマケです。
鳥の王としてヤツガシラ(戴勝鳥)って鳥が登場するんですが、私はこの作品を読むまで知りませんでした。どんな鳥? と思いまして、調べてみましたらこちらに詳しく載っていました。

Yachoo! オンライン野鳥図鑑
 http://www.yachoo.org/Book/Show/397/yatugasira/

あとこちらにもすてきな写真が。

野鳥を撮ろう:ヤツガシラ
 http://blogs.yahoo.co.jp/bblifejp/6197990.html

日本ではわりあい珍しい鳥のようです。

ギリシャの伝説で、鳥に姿を変えたトラキアの王テレウスという人物がいたそうです。王冠のような頭の羽と、剣のような長いくちばしから伝説が生まれたのでしょうか。『鳥』の中では、話の分かるいい鳥の王なんですが、もともとのテレウス伝説ではずいぶんひどい話だったようです。オウィディウスの『変身物語』の中に、詳しいいきさつが書かれています。

パトラで初めて舞台を見たときに、ヤツガシラ役の役者さんが上手くて感心してしまったのですが、衣装もまた良いんですよ。白黒ボーダーの長袖Tシャツが、ヤツガシラの翼の模様にそっくりで、うなってしまいました。

ΔΗ. ΠΕ. ΘΕ. Πάτρας : Όρνιθες - 06
 http://www.dipethepatras.gr/1/11752.scr
 ページの下、上段右端の写真にヤツガシラが写ってます。

[参考文献]
 アリストパネス 『ギリシア喜劇II』 ちくま文庫 1986
 オウィディウス 『変身物語(上)』 巻六「テレウスとプロクネとピロメラ」 中村善也訳 岩波文庫 1995 第12刷

[関連エントリ]
芸術劇場 - カロロス・クン 『鳥』
 http://www.bouno.net/archives/2008/08/post_258.php

芸術劇場 - カロロス・クン 『鳥』

アテネのイローディオ(ヘロド・アティクス音楽堂)

日時:2008年07月20-21日
場所:ヘロド・アティクス音楽堂(アテネ)
原作:アリストファネス
演出:カロロス・クン
出演:芸術劇場
音楽:マノス・ハジダキス


旅行中のmixi日記では、
「芝居は面白かったです。ほぼ満席。古風な演出だな、と思いながら見てた」
としか書けなかったのですが、観劇後に買ったプログラムを見たら、実はカロロス・クンの舞台だったと知りますます興味がわいてしまいました。

カロロス・クン Κάρολος Κουν (1908-1987) はギリシャでは有名な演出家で、芸術劇場(Θέατρο Τέχνης)の主宰者でした。
演劇について専門的に学んだことが無いらしく、はじめ他の演劇関係者から疎まれたこともあるようですが、彼の舞台は大変な人気を博したそうです。1987年に亡くなった時には、国葬が営まれたほどでした。
クンについては山形治江さんの著書『ギリシャ悲劇―古代と現代のはざまで』で名前だけは知っていましたが、ここで彼自身の作品を見ることができたのは全くの偶然で、とてもラッキーでした。

見ている間は、
「面白いんだけど…、ずいぶん古風な演出だなぁ。いまどき神様にかぶりものなんて、あまりやらないんじゃない? わざとそういう効果を狙ってるのかな」
なんて思っていました。
実はこの舞台、1959年の初演。その後も何度か再演されているようですが、今年は生誕100年を記念しての上演だそうです。昔の写真がプログラムに載っていましたが、舞台装置や衣装などほぼ同じで、演出もカロロス・クンとなっていました。なるほど、それなら納得。
とても泥臭くて、垢抜けなくて、ドタバタした舞台という印象なんですが、言葉は分からないまでも登場人物のオーバーアクションでスピード感ある演技が可笑しかったです。例えば、「鳥の国」建国の祝いに神官が祈祷をしてくれるんですが、これはたぶんギリシャ正教の司祭の物まね(ウケてました)。「この書き物をごらん」(×3回)と、全身でおみくじを突きつけるおみくじ売り。
他にも、建国を聞きつけて次々やってくる人々(詩人、監察官、親不孝者…etc.)も、なんというか、ホントに馬鹿々々しいことを大真面目に演じていて、見ていて清々しかったです。

また、使われていた音楽も初演と同じもので、マノス・ハジダキスが作曲したものでした。ハジダキスの名前は、映画『日曜はダメよ』の主題歌で知っている方が多いのではないかと思います。
実は2006年にも、別の演出で『鳥』を見たことがあります。なんとなく聞き覚えがあるような気がして当時のプログラムを見てみたら、その時に使われていたのも同じくハジダキスの作曲した『鳥』でした。

終演後、周りのギリシャ人達が嬉しそうに歌を口ずさんだりしているので、
「もしかして有名な曲なの?」
と思い、調べてみますと、YouTubeなどで見つかりました。なんと、フラングーリスが歌っているヴァージョンがある…(嬉)。

Mario Frangoulis - Kyknoi (swans) (Greek title: kyknoi)
 http://jp.youtube.com/watch?v=Mln0G868NYA

歌詞はここにありました。
 http://www.stixoi.info/stixoi.php?info=Lyrics&act=details&song_id=7101

原作では 769行目~784行目にあたる箇所で、白鳥とアポロンについて歌っています。
"tio tio tio tix" っていう鳥の鳴き声がかわいい。

音楽だけでも聞きたかったので、GreekBooks で久しぶりにCDを注文しちゃいました。

Οι Όρνιθες του Αριστοφάνη [CD]
 http://www.greekbooks.gr/Web/cd/details.aspx?ProductID=018619

Continue reading "芸術劇場 - カロロス・クン 『鳥』" »

August 06, 2008

ギリシャ旅行 2008年夏

クノッソス宮殿

7月19日(土)~ 27日(日)という日程で、ギリシャに行ってきました。
mixiの方にリアルタイム日記を付けていたんですが、こちらにもまとめておきます。
えっとー、えっとー、2006年夏と2007年春の旅行記が書き終わっていませんが…、気にしないで下さい!

■2008.07.19(土)
 成田出発、ロンドン着。ロンドン泊
■2008.07.20(日)
 ロンドン発、アテネ着
 イローディオで『鳥』観劇。アテネ泊
■2008.07.21(月)
 アテネ発、イラクリオン着。イラクリオン泊
■2008.07.22(火)
 午前:クノッソス宮殿見学。昼:考古学博物館(臨時展示)見学
 イラクリオン泊
■2008.07.23(水)
 イラクリオン発、アテネ着
 セアトロ・ヴラホンにて『バッコスの信女』観劇
 アテネ泊
■2008.07.24(木)
 昼:お買い物、夜:アテネの友人と晩ごはん
 アテネ泊
■2008.07.25(金)
 昼:お友達とランチ
 夜:エピダウロスにて『フェニキアの女たち』観劇
 アテネ泊
■2008.07.26(土)
 午後アテネ発、パリ経由
■2008.07.27(日)
 成田着


今回は諸事情あって久しぶりに一人旅だったのですが、なかなか楽しかったです。友達に会うまではすっごく心細かったけど。旅はやっぱり道連れがいたほうがいいなぁ~、ということも再認識しましたしね。

クレタ島に行ったのは初めてです。一度は行きたいと思っていた、クノッソス宮殿を見てきました。夏のクノッソスは、団体旅行客(たぶん欧米からの)で溢れかえっていました。

そして、夏のギリシャといえば(私にとっては)芝居!! 今年も古代劇を3本見てきました。
ひとつは、エピダウロスでの『フェニキアの女たち』。なかなか見る機会がない作品なのでは? と思い、今回の旅行はこれに合わせて行くことにしました。
アテネのイローディオで上演された『鳥』は、アリストファネスの喜劇です。同じくアテネのヴィロナスというところにある、セアトロ・ヴラホン(岩の劇場)で上演された、『バッコスの信女』。
どれも面白かったです。

旅行記をくわしく書くのはやめておいて(また書きあがらないだろうから…)、芝居の感想と感じたことなどを少し書いておこうと思います。