My Photo
May 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

無料ブログはココログ

« September 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

November 16, 2008

牛肉とグリーンオリーブの煮込み Μοσχάρι με ελιές

先日買った、CULINARIA GREECE のレシピを見ながら作ってみました。
作り方が簡単そうだったのと、グリーンオリーブの瓶詰めが使い切れずに残っていたのでこのメニューを選択。

出来上がりの写真が上手く撮れなくて悲しい…。でも味はGoodでしたよ!
オリーブ入りのビーフトマト煮か、ビーフシチューという感じ。シチューの作り方と基本は同じでした。

Continue reading "牛肉とグリーンオリーブの煮込み Μοσχάρι με ελιές" »

November 11, 2008

DVD 『ギリシャ・ゾンビ』

11月に発売になるというニュースを聞いて、さっそく購入。
amazon.co.jp には発売前から低い評価のコメントが付いていたので、内容的には良くないのかなぁ~…と思いましたが、幸い私はゾンビ・マニアでもスプラッタ・マニアでもないので、純粋に(?)、ギリシャ語のリスニング用としてどうなの? という興味から買ってみました。
どちらかというと、ホラーはめちゃくちゃ苦手。さきほど最初の方を見てみましたが、ドキドキさせる演出はあるものの、(まだ)…あんまり怖くない。なんだ、大丈夫、これなら怖いもの嫌いの人でも見られそうです。(そういう点が、「ゾンビ好き」の人には低評価なのかな?)
セリフもほどほどに入っているので、ギリシャ語の聞き取り用にもいいのでは? と思います。
「商品の紹介」によれば、「全編スプラッターのハイパー・ギャグ・ホラー!!」とのこと。そうか…ギャグなのかな…。これからギャグになるのかな…。

「フーリガンが暴れてる!」
「サッカー場なんかに来るからこんなことになるんだ!」

みたいな場面ではクスッとしましたが。

まだほんのちょっとしか見てないので、後半どのような展開になるのか分かりませんが、今のところ「アタック・オブ・ザ・ジャイアントケーキ」よりは真面目な作品のように見えてます。
ギリシャ語音声で、字幕の付いた作品は全部欲しいという方(私か…)には(控えめに)おすすめしておきます。

ギリシャのお料理事典 "CULINARIA GREECE Greek Specialties"

職場の近くに新しく大型書店がオープンしたので、立ち寄ってみたところ、掘り出し物を発見。

ギリシャのお料理本なのですが、2004年にドイツで出版された本の英訳版のようです。
大判で460ページというボリューム。地域別に、ギリシャの食材や食文化、お料理のレシピが多数掲載されています。

手にとって中を見ていただけると分かると思うのですが、写真や体裁がとてもきれい! 内容も、ギリシャの定番料理から地方色豊かなお料理までと多彩。キプロスについても触れられています。
食材については、例えばギリシャのワインならブドウの種類、チーズならばそれぞれの固さなどの特徴が、写真入りで分かりやすく紹介されています。もちろん、オリーブオイル、野菜、フルーツ、肉類、魚介類、パン、パスタ、お菓子類、ハーブ、蜂蜜、水と塩などなど、ギリシャの食材もたくさん。収穫や生産の現場、お料理の手順などの写真も載っているので、事典的に眺めているだけでも時間を忘れそうです。

お料理にはレシピが付いているので(英語だけど)、材料さえ揃えればお家でも作れそう…、たぶん。
本当はギリシャ語のレシピで練習したほうがいいんでしょうけど、英語の方がまだなんとか抵抗が少ないぞ…たぶん。

amazon の日本語サイトにはまだカスタマー・レビューは無いですが、amazon.com のほうでは高評価のようです。洋書でこれだけの内容のものが 3,000円ほどで買えるなら、コスト・パフォーマンスも高いと思います。お料理好きの方、ギリシャの「食」について詳しく知りたい方にはおすすめします。

*) 2008.11.12 追記

この本、本文は英語なのですが、料理名や食材名が Roman Alphabet 表記ながらギリシャ語で書かれてます。
例えば、エビのサガナキ→ GALIDES SAGANAKI, Baked Shrimp in tomato sause とか。アクセントの位置も示されているので、ギリシャ語学習者としては嬉しいところ。
また付録として、レシピのインデックスが英語アルファベット順、ギリシャ語アルファベット順にそれぞれ用意されていて、目的のページが探しやすいです。他にキーワードインデックスや参考文献などもあり、配慮の行き届いた作りになっていると思いました。

それから、この本についての日本語のコメントがありました。英訳前の、ドイツ語版の方にレビューを書かれている方がいらっしゃいましたのでリンクを張っておきます。

Culinaria Griechenland (amazon.co.jp)
 http://www.amazon.co.jp/Culinaria-Griechenland/dp/3833110511

« September 2008 | Main | December 2008 »