My Photo
May 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

無料ブログはココログ

« 2008年のギリシャ劇(国内) | Main | DVD 『ギリシャ・ゾンビ』 »

November 11, 2008

ギリシャのお料理事典 "CULINARIA GREECE Greek Specialties"

職場の近くに新しく大型書店がオープンしたので、立ち寄ってみたところ、掘り出し物を発見。

ギリシャのお料理本なのですが、2004年にドイツで出版された本の英訳版のようです。
大判で460ページというボリューム。地域別に、ギリシャの食材や食文化、お料理のレシピが多数掲載されています。

手にとって中を見ていただけると分かると思うのですが、写真や体裁がとてもきれい! 内容も、ギリシャの定番料理から地方色豊かなお料理までと多彩。キプロスについても触れられています。
食材については、例えばギリシャのワインならブドウの種類、チーズならばそれぞれの固さなどの特徴が、写真入りで分かりやすく紹介されています。もちろん、オリーブオイル、野菜、フルーツ、肉類、魚介類、パン、パスタ、お菓子類、ハーブ、蜂蜜、水と塩などなど、ギリシャの食材もたくさん。収穫や生産の現場、お料理の手順などの写真も載っているので、事典的に眺めているだけでも時間を忘れそうです。

お料理にはレシピが付いているので(英語だけど)、材料さえ揃えればお家でも作れそう…、たぶん。
本当はギリシャ語のレシピで練習したほうがいいんでしょうけど、英語の方がまだなんとか抵抗が少ないぞ…たぶん。

amazon の日本語サイトにはまだカスタマー・レビューは無いですが、amazon.com のほうでは高評価のようです。洋書でこれだけの内容のものが 3,000円ほどで買えるなら、コスト・パフォーマンスも高いと思います。お料理好きの方、ギリシャの「食」について詳しく知りたい方にはおすすめします。

*) 2008.11.12 追記

この本、本文は英語なのですが、料理名や食材名が Roman Alphabet 表記ながらギリシャ語で書かれてます。
例えば、エビのサガナキ→ GALIDES SAGANAKI, Baked Shrimp in tomato sause とか。アクセントの位置も示されているので、ギリシャ語学習者としては嬉しいところ。
また付録として、レシピのインデックスが英語アルファベット順、ギリシャ語アルファベット順にそれぞれ用意されていて、目的のページが探しやすいです。他にキーワードインデックスや参考文献などもあり、配慮の行き届いた作りになっていると思いました。

それから、この本についての日本語のコメントがありました。英訳前の、ドイツ語版の方にレビューを書かれている方がいらっしゃいましたのでリンクを張っておきます。

Culinaria Griechenland (amazon.co.jp)
 http://www.amazon.co.jp/Culinaria-Griechenland/dp/3833110511

« 2008年のギリシャ劇(国内) | Main | DVD 『ギリシャ・ゾンビ』 »

ギリシャ料理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42394/50986043

Listed below are links to weblogs that reference ギリシャのお料理事典 "CULINARIA GREECE Greek Specialties":

« 2008年のギリシャ劇(国内) | Main | DVD 『ギリシャ・ゾンビ』 »