My Photo
May 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

無料ブログはココログ

« ギリシャ語教材 CD-ROM | Main | 8. ミケーネのお昼ご飯 »

January 06, 2007

7. ネメアの古代遺跡

7月22日(土)の日記、続きです。

アテネから車を走らせてコリントスを過ぎ、ネメアに向かいました。
古代オリンピックと並ぶ運動競技会に「ネメア大祭」というのがあり、かつてはこの場所で二年に一度、開催されていました。また、ギリシャ神話ではヘラクレスの12の功業のひとつ、「ネメアのライオン退治」の場所として知られています。
現在では、ワインの産地として有名とのこと。一度はこの場所に行ってみたかったんです。

Archaeological site of Nemea (Hellenic Culture)
 http://www.culture.gr/2/21/211/21104a/e211da06.html
Nemea (Wikipedia)
 http://en.wikipedia.org/wiki/Nemea
古代オリンピック
 http://ja.wikipedia.org/古代オリンピック

高速道路から外れて丘をひとつふたつ越えると、緑のぶどう畑に囲まれた小さな村が見えてきました。道路沿いには「Wine Road」の看板も! 写真、撮ってくればよかった。

遺跡への案内板に導かれて、まずは古代の運動場へ。
ネメアの古代遺跡は、1766年に最初の発掘が実施されましたが、1970年代から1990年頃にかけて、カリフォルニアのバークレー大学によって体系的な調査が行われました。下記のサイトはバークレー大のページで、遺跡について詳しく説明されています。

ANCIENT NEMEA
 http://www.nemea.org/
 スタジアム
 http://socrates.berkeley.edu/~clscs275/nemeastad2.htm

スタジアム入り口

古代のロッカールーム。左手の奥に、スタジアムへ続くトンネルがあります。

ネメアのスタジアム

チケット売り場に、遺跡案内の小冊子がありました(6ユーロ)。
これもバークレー大の先生の執筆で、ギリシャ語と英語での説明があります。
イラスト付きで、それと同じ角度で見られるポイント(Viewing Point)も記されていたので、実際にその場所に行って写真を撮ってみました。Viewing Point は 1~16 までありましたが、全て制覇して来ちゃいました。スタンプラリーみたいで楽しかったです。

ロッカールームから続いているトンネル。こちらはスタジアム側です。

このトンネルの内部の壁には、古代、自分の競技を待っていた選手たちの落書きがたくさん残っているそうです。

Nemea Stadium : Krypte
 http://socrates.berkeley.edu/~clscs275/nemeastad2kry.htm

こちらのページに書かれていますが、例えば、その内の一つには

ΑΚΡΟΤΑΤΟΣ ΚΑΛΟΣ
「アクロタトスは美しい」

という落書きがあって、別の筆跡で

ΤΟΥ ΓΡΑΨΑΝΤΟΣ
「これを書いた奴によれば」

ってコメントが付いているそうです。もう一つには、

ΝΙΚΩ
ΤΕΛΕΣΤΑΣ

「勝つ」
「テレスタス」

と書かれています。
テレスタスというのは、紀元前340年ごろオリンピアのボクシング競技で優勝した選手の名前だそうです。
トンネルの中には入れないようになっていますが、テレスタスの落書きは一番端のブロックに書かれているので写真を撮ることができました。

なんとネメアでは、2004年、アテネオリンピックの年にもう一つの競技会も開かれていたそうです。
こちらは、たった10ドルで誰でも参加できる、古代風の競技会だったようです。1996、2000、2004年とこれまで3回開かれていますが、次回2008年にも開催されるのでしょうか?

Nemean Games 2004
 http://socrates.berkeley.edu/~clscs275/Games%20folder/enggame.htm

ネメア遺跡の、ゼウスの聖域がある方へも寄ってきました。

聖域
 http://socrates.berkeley.edu/~clscs275/nemeasanc2.htm

神殿の復元工事が行われていて、ギリシャ文化省の写真と比べると柱が増えているのが分かります。

古代のお風呂場

博物館内にあった、復元模型

見学を終えて駐車場に帰ってきたら、車の周りをなぜか小鳥が飛び回っています。
「なんだろう?」
と思っていたら…。こんな近くに巣があったんですね! びっくりしました。
なんという小鳥なのか分かりませんでしたが、すぐに車をどけて、次の目的地に向かいました。

旅行記はようやくネメアを終了。
残りの記事を書こうとタイトルをリストアップしていたら、なんだか気が遠くなってきました…。次回からはコメントは少なめにして、さくさく書いていこうと思います。
次のギリシャ旅行に出発しないうちに、2006年の記事を書き終えたいでーす。(^-^;)

« ギリシャ語教材 CD-ROM | Main | 8. ミケーネのお昼ご飯 »

2006 Summer」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42394/50986002

Listed below are links to weblogs that reference 7. ネメアの古代遺跡:

« ギリシャ語教材 CD-ROM | Main | 8. ミケーネのお昼ご飯 »