My Photo
May 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

無料ブログはココログ

« 11. メガロポリの古代遺跡 | Main | マンマ・ミーア! the Movie、2008年 »

January 14, 2007

12. メッセネの古代遺跡

7月23日(日)の日記、続きです。

メガロポリを出て、一路古代メッセネへ。

Ancient Messene (公式サイト)
 http://www.ancientmessene.gr/
Messene (Wikipedia)
 http://en.wikipedia.org/wiki/Messene

メッセネってなんとなく平地にあるようなイメージがあったのですが、こんなに高い場所にあるとは知りませんでした。
標高にして740mくらいだそうです。

知人のギリシャ旅行アルバムを見せてもらったとき、大きな岩の梁が崩れ落ちている門の写真があって、それがメッセネにあることを教えてもらいました。それから、お気に入りのサイト、 TrekEarth の写真を見たとき、あんまりきれいだったので、やっぱり行ってみたい! と思ってしまいました。

Green ruins (TrekEarth)
 http://www.trekearth.com/gallery/Europe/Greece/Peloponnesus/Messinia/Messinia/photo142352.htm

メッセネの発掘には熊本大学の調査団が1997年から参加していて、日本でもその報告会がよく開かれているというニュースを聞いていました。だから名前だけは知っていたのですが、どんな遺跡なのかはまったく知らなかったのです。下記のページで、発掘の報告が読めます。

海外調査・研修記録(都城工業高等専門学校・林田研究室サイト内)
 http://www.miyakonojo-nct.ac.jp/~a/staff/archis/yhlabo/Invest/index.html

また、「旅の指さし会話帳」の著者の方もこの発掘に参加されていますね。
下記はその著者のページで、参加当時の記事が読めます。

回想 ―ギリシアのひととき―
 http://members.at.infoseek.co.jp/Megalon/library/greek.htm

前の記事でも書きましたが、古代メッセネというのはテーバイの将軍、エパミノンダスが作った町だそうです。
そういえば、高校のときの世界史の教科書では、古代ギリシャの章の最後の方に書かれていました。確か、ペロポネソス戦争でアテネとスパルタが争った後、テーバイが一時覇権を握った…、というような一文が。
その、テーバイの将軍というのがエパミノンダスだったのかぁ! と、卒業後何年も経ってから気づいたような気がします。

エパミノンダス
 http://ja.wikipedia.org/wiki/エパミノンダス

入り口にたどり着いてみましたが、何にもないです。遺跡内の地図だけは立っていました。

オリンピックの頃にきれいに整備されたそうですが、それ以来あんまり工事が進んでいないのかも。
トイレらしき建物があったので使おうとしたら、中はまだ工事中で「便器」がありませんでした…(“便座”がない、というのはギリシャではよくありますが)。

遺跡の案内板。もしかして、この遺跡はとても広いのでは…? と、一抹の不安を抱きながら。

古代の劇場、裏手から見たところです。

劇場、観客席後方から。

劇場、正面から見たところです。

The Arsinoe Fountain House
町の山側、一番高い場所にこの Foutain House があって、この泉から湧き出た水が小川となって遺跡の中を流れていました。

時折、他の観光客の人たちともすれ違います。
「ハロー」と声をかけてみたのですが、なんだかとっても疲れているみたいでした。まさか…。

アゴラの列柱

↓アルテミス・オルティアの聖域 The Sanctuary of Orthia / Το Ιερό της Ορθίας
アスクレピエイオン(アスクレピオス神域)の西側にあった、小さい神殿です。
「アルテミス・オルティア」って、そういえばスパルタにもそんな遺跡があったなぁ…と思って検索してみたら、Wikipedia に解説がありました。主にスパルタで信仰されていたのだそうです。

Artemis Orthia
 http://en.wikipedia.org/wiki/Artemis_Orthia

アスクレピエイオン(アスクレピオス神域)
これ! TrekEarth で見た写真はこの場所でした。メッセネの遺跡は、このアスクレピオスの神域を中心として建てられています。
ギリシャの遺跡で、真夏なのに青々と芝生まで植えられて、きちんと管理されてる所って珍しいなと思いました。

これもアスクレピエイオンの西側にあった、なにかの神域。
説明を写真に撮ってくるのを忘れて、ガイドブックもないので何なのかはよく分かりません。残念。

エクレシアステリオン(民会場)
とてもきれいに修復されている民会場です。

なんと、この民会場では現在、古代劇の上演も行われているようです。
遺跡のすぐ近くにある村に、ポスターが貼られていました。出し物はアリストファネスの『平和』。

アスクレピエイオンと民会場などを含む、復元模型。

ひととおり遺跡を見終わった気になって、やれやれと思っていると…、すごーく遠くに、スタジアムっぽいものが見えています。

まさか…、やっぱりスタジアムだ…。ここまで整備されて、見学できるようになっているんですね。
正直、真夏の炎天下を歩き回って、かなりグロッキー気味。朝から三つも遺跡回りをしていますしね。
しかし、ここまで来たら見ないで帰るわけには行きません!

丁寧に案内板も立っています。

まさかとは思っていましたが…、本当に広いです!
端から端まで歩くのを、考えただけでも倒れてしまいそうです。

芝生の上に、本当に倒れこんでしまった pan さん。

すれ違う他の観光客の皆さんが一様に疲れていたのは、やはり「広かったから」なのですね。

メッセネの古代遺跡、次回に続きます!

« 11. メガロポリの古代遺跡 | Main | マンマ・ミーア! the Movie、2008年 »

2006 Summer」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42394/50986009

Listed below are links to weblogs that reference 12. メッセネの古代遺跡:

« 11. メガロポリの古代遺跡 | Main | マンマ・ミーア! the Movie、2008年 »