My Photo
May 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

無料ブログはココログ

« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

December 30, 2005

年末年始はギリシャ!

…っぽい所に来ております。(笑)

ここは、今年の8月に出来たばっかりのホテル、ヴィラ・サントリーニ国民宿舎土佐新館)。
偵察のつもりで年明けまで泊まりに来ました。
ステキです。お部屋もまさに、サントリーニ島の洞窟ホテルそっくり!(…って、実は行ったことないんですけどね。)

レストランでは、夕食付きの場合フランス料理のコースがいただけます。前もって予約しておけば、ギリシャ料理にもしてくれるとのこと。私たちは予約無しだったんですが、聞いてみたら二日目の夕食を変更してもらえることになりました。

少しずつ、写真など追加してまいります。

「じゃらん」クチコミ情報
 http://www.jalan.net/kuchikomi/YAD_394920.html

エントランス

ホテル入り口。夕陽に映えています。門の左下にはギリシャ文字でホテル名が。

室内

室内。このお部屋はスイートです。26インチの液晶テレビ、DVDプレーヤー、エアコン、流し付きのミニバー、ウォシュレット、ジェットバス、夜着、シャンプー・リンス、タオル、ドライヤーなど、充分過ぎるほどの設備でした。ただ残念ながらインターネット設備は無しで、普通の電話回線のみ。

広さとテラスバス(露天風呂)の有無で料金が異なりますが、内装等はどの部屋も似た感じなのではないかと思います。

夜のプール

フィットネス施設とプール(共用)は、宿泊者なら自由に使えるというところも嬉しいです。夏に来るとまた良いだろうなぁ。

朝焼け

朝日に染まるホテル正面。一年を通じて日の出が見える向きに造られているようです。

ロビー

レストランからレセプション方向。
この感じ、どこかで見たなーと思ったら、Spyro's六本木店でした。似てる〜っ! ていうのも変ですが。(笑)

テラス

この景色! もう何も言うことありません。携帯電話の待ち受けにしちゃいました。

ギリシャ料理

昨日お願いしておいたギリシャ料理は、こんなメニューでした。

フェタチーズと卵(?)のフライ、ペンネのゴルゴンゾーラソース
グラタンオニオンスープ
鯛のオーブン焼き(オレガノ風味)
牛スブラキ
グリークサラダ
デザート(ガトーショコラ、リコッタチーズの何とか、洋梨のシロップ漬け、お米のアイスクリーム)
コーヒーまたは紅茶

残念ながらレツィーナなどギリシャ系の飲物はメニューに無し。

お料理はとってもお洒落にアレンジされてました。フランス料理のシェフが作るギリシャ料理、という趣です。スブラキは本当なら羊を使うそうですが、急だったので牛で作ってくれたとのこと。全体にボリュームも多めです。

お米のアイスって、最近似たものを食べたような気が…。あ、もしかしてこの感じは「リゾガロ」かも!?

年越し蕎麦

お部屋に戻ったら、なんと年越しそばのサービスが! これは嬉しかったです。やっぱり日本の大晦日はおそばを食べて紅白を見ないと。…ん?

それでは皆さま、良いお年をお迎えください。

December 24, 2005

船の模型を買いました - ギリシャ風(?)クリスマス

船の模型 ギリシャでクリスマスツリーの代わりに船の模型を飾る、という話を、今年の初めにご紹介しました(Καραβάκι - ギリシャのクリスマス)。
今年は我が家でも船の模型を見つけて、飾り付けしてみました。購入したのは横浜・元町にある松下信平商店。すごーく立派な感じの模型なのに、意外と安かったんです。モデルになっているのは H.M.S Victory というイギリスの船らしいです。
電飾で飾ってみたかったんですけど間に合わなかったので、周りにはクリスマスプレゼントを置いてみて…、ついでに年末ジャンボ宝くじを立てかけてみました(本当はいただいたクリスマスカードなどを飾る)。どうでしょう?(笑)

Καλά χριστούγεννα και καλή πρωτοχρονιά!

December 23, 2005

iNFO-GRECE から本が届きました

先日ギリシャ語のサイドリーダーで「おすすめできるかどうか分からない」って書いたサイト、iNFO-GRECE から注文していた本が届きました。なんと今度は注文から一週間で届きました! すごい。
すでに私の中では、iNFO-GRECE は「使えるサイト」として認定されました。(笑) やっぱり以前は在庫がなかっただけなのかな。品揃えも多いので、今後も使ってみたいと思います。

本拠地がフランスなので、発送は Paris からでしたよ。住所は英語のつづりで「JAPAN」と書いたはずなんですが、あて先は "JAPON" となってました。なんだか新鮮な感じ。

今回買ったのは απλά ελληνικά のシリーズで、 Ξενοδοχείο Ατλαντίς, παρακαλώ (こちらホテル・アトランティス)と Περιπέτεια στη Μάνη (マニ半島探検)です。読み終えたら、またこちらに感想を書くつもりです。

December 19, 2005

Spyro's 六本木店に行ってきました

11月の開店から一ヶ月余り、ようやく Spyro's 六本木店を訪ねて来ました。

Spyro's 六本木店
 http://www.spyros.jp/roppongi/index.cgi

六本木交差点から徒歩約5分の好立地。原宿店よりやや広めのフロアで、内装も大人っぽい雰囲気です。カウンター周りの写真は、XiromakiさんのBlogにたくさん貼られていました。

本日頂いたお料理はタコとマルーリ(ロメインレタス)のサラダ、カラマラキア(小イカのフライ)、ムサカとユベチ。デザートはリゾガロ(ライスパウダーのプディング)とルクマデス(発酵生地のドーナツ)をお願いしました。

Continue reading "Spyro's 六本木店に行ってきました" »

December 12, 2005

ギリシャ語の動詞変化表

ギリシャ語の作文をするときは、時制や人称を確認するために動詞の変化表が手放せません。紙の書籍では Τα ρήματα της Νέας Ελληνικής を使っているのですが、オンラインでも参照できるページを見つけました。

Modern Greek Verbs
 http://modern-greek-verbs.tripod.com/contents.html

すべての動詞が網羅されているとは言えないかもしれませんが、似た変化をするものを見つけられればかなり便利だと思います。

フラメンコ 『女の平和』 2006年01月07日(土)~08日(日)

来年初めに、フラメンコ版『女の平和』が上演されるという情報を見つけました。

小松原庸子スペイン舞踏団 『素晴らしきフラメンコ/女の平和』
 http://www.komatubara.com/events/2005/peace_top.html

 2006年01月07日(土)~08日(日)
 新国立劇場中劇場

フラメンコとギリシャ劇の組み合わせって、「?」と思う方も多いかも知れませんが、意外に多いようです。私はビデオでですが、「メデイア」や「バッコスの信女」を見たことがあります。今回の作品はフラメンコとしては新作になるのかな。どんな舞台になるのか楽しみです。

December 07, 2005

ギリシャ語のサイドリーダー (Ιστορίες σε Απλά Ελληνικά)

69. Το μοντέλο που ήξερε πολλά でちょっと紹介しましたが、現代ギリシャ語にもサイドリーダーのシリーズがあります。学習者向けに語彙数や表現が抑えられているので、辞書の助けを借りなくても読めるというもの。文法の勉強と平行して、インプットの量を補うのに役立ちます。
現代ギリシャ語ではこういったものは少なかったのですが、ここ何年かで少しずつ増えてきたようです。

本の情報を検索していたら、オンラインショップに一覧で載っているところがありました。

iNFO-GREECE.com の Easy Greek のページ
 http://boutique.info-grece.com/default.php/cPath/160_35_56/sort/6a/page/1/language/el

Continue reading "ギリシャ語のサイドリーダー (Ιστορίες σε Απλά Ελληνικά)" »

December 05, 2005

川越 『ヨルゴス』閉店

川越で8年半営業していた、ギリシャ料理のお店「タベルナ・ヨルゴス」が、今年の12月25日(日)で閉店するそうです。ホームページの方に、「閉店のお知らせ」が掲載されていました。

タベルナ・ヨルゴス
 http://www.geocities.jp/tavernayorgos/

新規に開店するお店もある一方で、ヨルゴスやミコノスといった老舗のギリシャ料理店がなくなってしまうのは、なんとも寂しいですね。

« November 2005 | Main | January 2006 »